お出かけ・ショッピング・グルメなど、本当にいいと思ったおすすめ情報をクチコミレポートするブログです

webデザイナーとして就職するために必要なこと(資格はいりません)

      2014/07/30

webデザイナー歴4年目になり、まだまだ新米のつもりですがいつの間にやら上の立場になり、最近は人事も任されるようになりました。

人事を担当して思うことは、

就活の準備ができてない人が多いなぁ・・・

ということです。(偉そうですみません)

webデザイナーとして就職するために必要なことをまとめましたので、就職活動の参考になれば幸いです★

最低限必要な知識・技術

webデザイナーとして就職するために必要なこと(資格はいりません)

webデザイナーとして働き始めるには、ある程度の知識・技術は必要です。

独学で勉強できればいいですが大体の人は難しいと思うので、スクールに通い知識・技術を学び、1人でイチからホームページを作れるようになりましょう!

デザイン制作での必要な知識・技術

デザイン制作ソフトは会社により異なります。

  • Photoshopの操作方法
  • Illustratorの操作方法
  • Fireworksの操作方法

全部学ぶ時間があればいいですが、ない場合は、

どれか1つを使いこなせるようにしましょう。

3つのソフトは使い方が似てる部分があるので、どれか1つが使えたら残り2つも何となく使えるようになります。

私の場合もスクールではIllustratorでデザインしていましたが、就職した会社ではPhotoshopを使っていました。
でも仕事で使っていく内に割とすぐ使えるようになりました。今ではPhotoshop LOVEです。

身に付けておくと有利

イラストが描けると重宝されます!

コーディングでの必要な知識・技術

  • HTML・CSSの知識・技術
  • Dreamweaverの操作方法

身に付けておくと有利

  • PHPの知識・技術
  • WordPressの知識・技術
  • JavaScriptの知識・技術

書類選考時に必要なもの

webデザイナーとして就職するために必要なこと(資格はいりません)

面接の前にまずは書類選考があります。
webから申し込む場合にもweb上の履歴書などが必要になります。

一番大事なのはポートフォリオ(作品)です!

書類選考をしていて一番びっくりすることは「ポートフォリオがないこと」です。でもけっこうな確率であります。(ポートフォリオがないことが)

会社は即戦力を求めています。
「基礎を一から教えてあげよう」という優しい会社はありません。

そのため会社は「どのくらいの知識・技術があるか」ということを一番知りたがっています。

それを証明するものがポートフォリオです。

作品はたくさんあるほど有利です

スクールに通うと最終の授業で作品(1サイト)を1つ作ると思います。
それを持って就活に臨む人が多いと思いますが、時間があればもっと作品を作りましょう。

知識・技術の証明と共に、やる気の証明にもなります。

ポートフォリオがない場合は書類選考で落とされ、面接までたどり着けない場合が多いです。
そのチャンスを逃さないためにもポートフォリオは必須です!

資格は必要ありません

「Webデザイン検定」「ウェブデザイン技能検定」「Webクリエイター能力認定試験」などなど、webデザイナーに関する資格はたくさんあります。
実際に履歴書の資格欄に書かかれている方もよく見ます。

ですが資格の名前を見ても、実践で生かせる力があるかどうかわかりません。

そもそもたくさん資格があり、人事担当者もどんな資格か全て把握してる人は少ないと思います。
その資格を取得するためにどんな知識・技術が必要かわかりません。

ポートフォリオを見れば、実践で生かせる技術・知識があるかどうか大体わかります。

ポートフォリオのためにサイトを作ると、わからないことも多く壁にぶつかることもあると思いますが、そのわからないことを調べて解決するということで、「実践で生かせる力」が身に付きます。

資格を取るための時間があれば、たくさんポートフォリオ作ることをおすすめします♪

学歴・職歴も関係ありません

webデザイナーの業界は学歴・職歴を必要としない業界だと思います。
(大手制作会社に入るには必要かもしれませんが)

私の会社の社長は中卒です。
ですが仕事においての頭の回転の速さ・賢さは素晴らしいです。

ドラマ化もされ有名な話ですが、高校を中退し6年引きこもっていた男性が

「この男即戦力~世界一即戦力な男から人事担当者のキミへ~」

というサイトを立ち上げ、ネットで大評判になり50社以上から採用オファーがあったそうです!

中卒であってもニートだったとしても、「実践力をアピールできるポートフォリオ」があればきっと採用されます!

まとめ

長々と書きましたが、一番言いたかったことは「ポートフォリオが必要」だということです。(一言で済んでしまいました。)

でもほんとに多いんですよー。(募集要項に「ポートフォリオ必須」って書いてあるのに…)
それが原因で不採用にしたケースも数知れず。。

常日頃すごくもったいないなと思ってたので、力を入れて書いてみました!

 - web関係