諦めたら妊娠する説について

「妊活・不妊治療をしていたときは全く妊娠しなかったけど、諦めた頃に妊娠した」というのはよく聞く話だと思います。

私も妊活中何度もリセットを繰り返し落ち込んでいた頃、「諦めてしまったら妊娠するのかな…?」と思ったりしました。

「諦めたら妊娠する説」について私なりに思ったことがあるので、書いてみようと思います。

「諦めたら妊娠する」は本当!?私が思う説について

「諦めたら妊娠する説」をはじめて知る・または意識するのは、妊娠したい!と思っているときだと思います。

そんなときは到底諦めることはできません。

私も妊活中は「こんなに妊娠したいと思っているのに諦めるなんてできない!ってことは妊娠したいと思っている内は妊娠できないの?」と思っていました。

でも私は諦めずに頑張り続けて妊娠しました!
私が妊娠したのは妊活の成果です。

そもそもはじめから妊活のストレスなどない

どうして諦めたら妊娠するのでしょうか。
それは、妊活のストレスがなくなり、緊張がほぐれるからだと私たちは考えています。
緊張がほぐれると、心も穏やかになり、筋肉や血管の緊張もほぐれて血行が良くなるのですね。

参考 諦めたら赤ちゃんができた?!思いがけない妊娠のヒケツについて

言い方はそれぞれですが、なぜ諦めたら妊娠するのか?を調べると、「妊活のストレスがなくなるから」と書かれています。

でも多くの人は最初「自分は不妊じゃない」と思っていて、はじめから妊活をしている人は少ないんじゃないでしょうか?

その内自然に妊娠すると思っていて、でもしばらく妊娠しなくて、妊活をはじめる…という流れが多いんじゃないかなと思います。

ということは、元々は妊活のストレスなどないはずなんです。

妊活のストレスがない状態が妊娠しやすいというのなら、はじめの段階でなぜ妊娠しないんでしょう?

夫婦生活を送っていればその内妊娠するはず…と思っていてもなかなか妊娠しないから、妊活をはじめるんですよね。

諦めるというより力を抜く

私は「諦める」という言葉が間違っていると思います。

大事なのは「諦める」ことではなく「力を抜く」ということ。

「力を抜く」ためには、元々力を入れていないといけません。
なのではじめは一生懸命妊活を頑張る必要があると思います。

「力を抜く」ことが妊娠につながったという話は以前に記事を書いていますので、そちらをご覧ください。

【妊活】私はこれで妊娠しました★ランキング4位「力を抜くこと(頑張りすぎないこと)」

2018.01.29

上記の記事にも書きましたが、妊活を続けていくと、頑張れること(ストレスなく続けられること)・頑張れないこと(ストレスがたまってしまうこと)が出てくると思います。

力を抜くということは、頑張れないこと(ストレスがたまってしまうこと)をやめるということ。
頑張れること、自分に合った妊活方法だけを続けるということです。

ストレスを減らし、自分に合った妊活で妊娠しやすい体質へと近づく…

そのバランスが取れたときが妊娠につながりやすいのかな?と思いました。

妊活を頑張っている人が圧倒的に多く妊娠している

私は妊活中、アメブロで妊活ブログを書いていました。

そのときに他の方の妊活ブログも読んでいて、同じ境遇に共感したり、コメントのやりとりで交流があったり、励まし合ったりしていました。

私が読んでいた妊活ブログは30名分くらいでしたが、今ではその内8割くらいの方が妊娠・出産されています。
(残り2割はブログの更新をやめられていたりで現状がわからない方が多かったです。)

みなさん妊活を頑張った結果、妊娠されています。
みなさん諦めてなどいませんよ!

「諦めたら妊娠した」というのは話題としても話しやすく、聞いた人の記憶にも残るので、有名になってしまったのかな?と思いますが、妊活を頑張った人のほうが圧倒的に多く妊娠していると私は思います!

まとめ

私は妊活中、諦めるなんてできませんでした。

そんな時は妊活を頑張った末に妊娠した方のブログばかり探して読んでました。
そういうブログを読むと、諦めずに頑張ったら私でも妊娠できる!と思えたからです。

なので今現在妊活を頑張っている方へ、到底諦めるなんてできない方へ向けて書いてみました。

まずはとことん全力で頑張ってそれで妊娠できたらラッキーですが、そんなにうまくいかないことが多いかと思います。
そんな時はストレスになることはやめて、自分なりの妊活方法で諦めずに頑張ってください!

妊娠を望む全ての方が、妊娠できますように。